翻訳サービスや海外ビジネスサポートはお任せください

SDLTradosの徹底活用

アットグローバルは、大ボリュームかつバージョンアップが予定されているマニュアルや技術資料の翻訳を得意としておりますが、専門用語の統一、マニュアル全体での統一感、コストやスピードの削減、などを実現するために、SDLTrados をはじめとしたさまざまな翻訳支援ツールを活用しています。

 

翻訳プロジェクトをSDLTradosで管理すると、主に以下のようなメリットを享受できます。
 

1. 高品質


  • 翻訳内容や用語を簡単に再利用し、表現に一貫性のある翻訳を実現できる。
    ・・・複数の翻訳者による分業、似たような表現の繰り返しが多い資料の場合に有効
  • お客様からの用語変更の要求にも迅速かつ正確に対応可能
    ・・・用語の統一・標準化
  • マニュアルなど、将来のアップデートを見込んでいる場合、既存の翻訳の再利用が可能
    ・・・シリーズ全体で一貫した翻訳
  • 充実したチェック機能の活用によるケアレスミスの撲滅
    ・・・SDLTrados自体に付属しているチェッカーや、他のベンダーが開発したSDLTrados専用のチェッカーをフル活用することで、さまざまなケアレスミスを撲滅することが可能
    ※詳細は HEEDプロジェクト を参照してください。

 

2. 納期短縮


  • 翻訳作業の効率化
    ・・・過去の翻訳内容を簡単に検索できるため、無駄な繰り返し作業を省略可能
  • 複数の翻訳者に分散して翻訳作業を行う場合でも短納期で対応可能
    ・・・同じ翻訳メモリを複数翻訳者で共有・統合して分散作業ができるため、時間の短縮が可能

 

3. コストダウン


  • 繰り返しが多い資料の場合、繰り返し部分はディスカウントした単価をご提案
    ・・・マニュアルなどのバージョンアップの場合、過去の翻訳メモリと一致する箇所についてはディスカウントが可能

 

4. さまざまなファイル形式に対応


  • HTML、XML、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Adobe FrameMaker、InDesign など

 

アットグローバルでは、SDLTradosを積極的に活用して翻訳を行っております。また、SDLTradosの活用を意識したドキュメント管理全体のコンサルティングも無料で実施いたします。お気軽にご相談ください。
 

Tradosを使った作業のワークフロー


インタビュー・情報収集・現状分析報告、最優先事項確認・契約書作成(品質・対応・価格・納期のご相談)、用語ピックアップ・文書規定作成

※お客様のご予算や制作における優先事項を十分にヒアリングさせていただいた上で、ご契約・制作へと進んで参ります。詳しくは、「お客様とのコミュニケーション?」をご覧ください。

新規でSDLTradosを使用して翻訳する場合

新規でSDLTradosを使用して翻訳する場合のワークフロー
 

バージョンアップ時にSDLTradosを使用して翻訳する場合

バージョンアップ時にSDLTradosを使用して翻訳する場合

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社アットグローバル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top